サブリミナルを自分でオーダーメイドするソフト|サブリミナル作成装置

サブリミナル オーダーメイド

これは、おまじない ではありません

再生回数
1,000,000回突破!

※全画面表示でご覧ください。

サブリミナル作成装置とは、このような自己催眠動画(サブリミナル動画)を、あなた自身が作成できる自己催眠支援ソフトです。

サブリミナルを自分でオーダーメイド

サブリミナル作成装置なら、自分自身に良い暗示をかける サブリミナル動画 を簡単に作成する事が出来ます。

世界にひとつだけの自分専用のサブリミナルを自分でオーダーメイドできるのです。

1.テキストファイルに好きな暗示文を書く
2.なりたい自分をイメージできる好きな画像を選ぶ
3.開始ボタン!







⇒太る習慣を自然と遠ざけて、健康的に痩せる習慣を身に付ける
⇒酒や煙草への欲望を弱めて、ストレス無く禁煙・禁酒する
⇒集中力・記憶力を上げて、学習速度を加速させる
⇒収入の上がる思考法、マインドを潜在意識に浸透させる
⇒自分の魅力を最大限に引き出して、素敵な恋愛をする
⇒人前で緊張しないでリラックスして、スラスラと話せるようになる
⇒自分にとって一番最適で効率的な筋トレの習慣を身に付ける
⇒部分ダイエットを暗示の力を使って、最大限に活かす
⇒健康に向けて、食事の量や運動量が自動的に最適に調整されていく
ヤル気をコントロールして、意義ある時間を積み重ねていく
⇒音感を高めてカラオケで大好きな歌を気持ち良く歌えるようになる
⇒スムーズに眠りに入り、熟睡して気持ち良く目覚めるようになる
※暗示文や個人差によって、効果は異なります。


催眠術って、テレビのやらせじゃないの?

催眠は、脳科学で解明されている 心理学です



脳には既に、以下のような性質があることが分かっています。


リアルなイメージと現実の区別がつかない

例えば映画を観て心臓がドキドキしたり冷汗をかいたり、過去を思い出して感情が溢れる時ってありますよね?

脳はリアルにイメージしたものを、現実に体験したと錯覚を起こします。


セルフイメージに合わせて、能力を発揮する

脳は、良くも悪くも”自分とはこうだ”と思った通りの能力を発揮(現実化)します。

現実にしろイメージにしろ「日々の練習を重ねた」「きっとうまく行く」という前向きな”強い想い”が良い結果を、「どうせまた失敗する」という恐れが高確率で失敗を現実化することになります。

スポーツに限らず、イメージトレーニングに効果があると言われているのはこの為です。


脳は、繰り返し言われた事を受け入れる

「ウソも100回も言ったら本当になる」ということわざがありますが、脳は同じ言葉を繰り返されると、その言葉(暗示文)を受け入れる性質があります。

この脳の性質を利用して、他者に向けて行った場合は他者催眠、自分に行うと自己催眠・自己暗示・アファメーションと呼ばれ、一方的に他人に暗示を与えてコントロールしようとすると”洗脳”とか”マインドコントロール”と呼ばれます。

理論と技術はどれも全く同じです。
要は包丁といっしょで、使い方次第で良くも悪くもなるという事です。



これらの性質を利用して、暗示文を脳に効率的に浸透させる技術をサブリミナルと呼びます。


サブリミナル効果はウソって聞いたことある

サブリミナルは日本放送協会(NHK)及び
日本民間放送連盟で禁止されています。

本当に効果が無いのなら
禁止する必要があるでしょうか?


テレビ・新聞・ラジオによる一般視聴者に向けたサブリミナルメッセージ禁止の理由とは?

音や映像に暗示文を忍ばせて直接潜在意識に働きかけるサブリミナル技術は、消費者に対してフェアではないとして、今現在、日本を含む世界の先進国では公共性の高いテレビ・新聞・ラジオやCM等による一般視聴者に向けた使用は禁止されています。

効果が無いはずのサブリミナル技術を
なぜ世界の先進国は禁止するんでしょうか?

なぜ一度「効果がある」と言われたサブリミナル技術が
今になって効果は無いと言われ始めたのか?

この点について、機能脳科学者の苫米地英人博士があるテレビ番組の中で(悪用される恐れがある為)みんなで一斉に「効かないよ」って事にしていると語っています。



自分にも、催眠はかかるんだろうか?

今すぐ無料で、サブリミナルを体験できます!

まずは、今すぐサブリミナル作成装置をダウンロードして、サブリミナル映像を無料で体験してみてください。

『収入を増やす』
『健康的に痩せる』
『無理なく禁煙する』

3つのサブリミナル動画をお試しください。







↓無料ダウンロード↓



【対応 OS】windows xp・vista・7・8・10

サブリミナルを自分でオーダーメイドするソフト

サブリミナル作成装置 3.1 詳しい説明はこちら
特定商取引法に基づく表記   お問い合わせ