サブリミナル効果とは

サブリミナル効果とは、あらかじめ決めておいたメッセージ(暗示文・アファメーション)を潜在意識にダイレクトに伝える事によって表れる効果の事です。

サブリミナル効果について一番有名なエピソードといえば、1957年にアメリカのニュージャージー州のドライブイン・シアターで行われた実験でしょう。

当時人気のあった映画を上映中に「コーラを飲もう!」「ポップコーンを食べよう!」と書いたメッセージ(暗示文)を、当事者にわからないように数十分の1コマに入れて5分おきに流したところ、上映後の売店の売り上げが跳ね上がったという記録があります。

その後サブリミナル技術は、消費者に対してフェアではないとして、今現在、日本を含む世界の先進国では公共性の高いテレビ・新聞・ラジオやCM等によるサブリミナルメッセージの使用が禁止されています。

しかし、識別・判別の難しい性質のものなので、実際にはあらゆるところで密かに使われています。

テレビのCMや映画のポスターなどでは当たり前のように使われていますし、有名なところではディズニーの映画の中でもサブリミナルメッセージが多用されていると言われています。

暴露されたサブリミナルメッセージ

中にはサブリミナルには効果が無いと主張する人がいますが、サブリミナルに効果が無いのならサブリミナル技術を禁止する必要はないですよね。

つまり、世界の先進国はサブリミナル効果を認めているという事。

そしてサブリミナルをうまく活用すれば、これまで独学では難しいとされていた自己催眠・自己暗示を使って

ビジネスの成功
ダイエット
禁煙
記憶力や集中力の向上
魅力アップ
不眠症等の生活習慣の改善
圧倒的な自信の獲得
あがり症等の恐怖症の克服
ヤル気の向上
短期間の肉体改造

など、あらゆる自己啓発が容易に実現可能になるという事です。



世界にひとつだけの
あなた専用自己暗示動画を作成するサブリミナル作成装置はこちら